建築事例トヨタホーム名古屋で建てた
〜うちのいえ〜
UCHI no IE Vol.11

名古屋市 K さんの「うちのいえ」

家族構成
Kさんのいえについて

Kさんのいえについて

大きな窓やバルコニーなど間取りの柔軟性に優れたシンセ・レゾン。外観・インテリアも上質かつ豊富なラインナップから選べます。
※シンセ・レゾンは仕様が変更され、シンセ・ソレストが継続商品となります。

  • 商品名シンセ・レゾン
  • 敷地面積651.01m²延床面積232.34m²
    1階床面積147.23m²2階床面積85.11m²

「うちのいえ」の暮らし

  • 「うちのいえ」の暮らしスライダー
  • 「うちのいえ」の暮らしスライダー
  • 「うちのいえ」の暮らしスライダー
  • 「うちのいえ」の暮らしスライダー

奥さまのひと目惚れで選ばれたソファを中心に、ダークトーンでまとめられたKさま邸の室内。ダイニングでは、ご主人が熱望されたバーコーナーのグラスが光ります。「夫は重厚な雰囲気が好みだけど私はもう少しライトにしたくて、インテリアを選ぶのも一苦労(笑)。"光りモノ好き"が唯一の共通点でした」。お二人の感性が合わさって、風格あるインテリアに大理石やクリスタルの輝きが華を添える、大人の上質空間が生まれました。

くつろげるスペースができたことで、
家での時間の過ごし方が変わりました。

奥さまはご友人がいっぱいで、家にはいつも誰かが遊びに来られているそう。「この家を建てて、くつろげる場所がたくさんできたでしょう?お友達ごとにお気に入りの場所があって、テーブルでお茶の後、ある人はバーコーナー、ある人は畳コーナーって、落ち着く場所が決まっているの」と楽しげです。
ご主人の過ごし方も変わったようです。「以前の家では夕食後すぐ、2階の寝室に上がっていたんだけど、今は寝るまでずっとリビングだね」。奥さまにそう指摘され、「そういえば前はゆっくりできる場所がなかったからなあ」と改めて気づかれたご様子。「最近はネット通販で家に合いそうな置き物を見つけるとついカチッとクリック(笑)」と、新たな趣味もできたようです。

「うちのいえ」の暮らしの画像

「うちのいえ」づくり

  1. いえづくり01 家を建てるきっかけ

    いえづくり01 家を建てるきっかけ

    車椅子でも過ごしやすい、バリアフリーの家を。

    以前お住まいの家が築50年近かったこともあり、いつかは建て替えなければと思っていたKさんファミリー。そんな時、Kさんのお父さまが体調を崩されました。「父が入院することになり、戻ってきた時に快適に過ごせるよう建て替えを決めました」。車椅子で動きやすいよう一定の廊下幅を確保したバリアフリーの家が大きなテーマでした。

  2. いえづくり02 ハウスメーカー選び

    トヨタ車の品質と、営業スタッフの豊富な知識に信頼感。

    「まず、地震や台風にしっかり耐えられる家が条件。そして、前の家ではシロアリに悩まされたこともあり、木造ではなく鉄筋の家をつくるハウスメーカーに絞りました。トヨタ車の品質を信頼していたので、トヨタホームは候補に入っていました」とご主人。それから奥さまとハウジングセンターをまわって、さまざまなメーカーの営業スタッフと話をされたそうです。

    「私たちの聞きたいことに、しっかり答えてくれたのがトヨタホーム名古屋の川瀬さんでした。『調べてまた回答します』ではなく、その場で正確に答えてくれる知識の豊富さで、この人なら安心と思いました」。

    いえづくり02 ハウスメーカー選び
  3. いえづくり03 設計・工事

    いえづくり03 設計・工事

    希望は何でもどんどん伝えて、形にしてもらいました。

    「夫も私も、具体的な希望から抽象的なイメージまで、それぞれがたくさん要望を出していたので、本当にスタッフの方は大変だったと思います。部屋の配置やインテリアも変更してはまた元に戻してということもありました」と設計時を振り返る奥さま。「トヨタホーム名古屋の川瀬さんは私と夫の話を聞いて、的確なアドバイスやジャッジをしてくれました」。どんなことでも話せる関係があったからこそ、お二人の気持ちをくんだプランが生まれたのでしょう。

    工事中は近所のマンションに仮住まいされていたKさんご家族。車庫はそのまま使用されていたため、車通勤のご主人は帰宅時の現場見学が日課に。奥さまも工事現場は毎日の犬の散歩コース。「差し入れをしたり、中を見せてもらったり。工事スタッフの方は皆さん気さくで感じが良かったですよ」。

完成!

完成!

「家の鍵を受け取った時、実感しました」。

「引渡しの日、トヨタホーム名古屋の方から家の鍵を受け取った時、『自分の家ができた』と実感しました」。「家」を引き継いでゆく責任を感じさせるご主人のお言葉でした。
それを聞いた奥さまは、「私は全然違うんですけど・・・ちゃんと図面の通りにできあがってすごいな、と(笑)。基礎工事では図面の印象より小さく感じたけど、実際は想像どおりの広さでよかったと思いました」。その違いを、お互いおかしそうに聞いておられました。

暮らしてわかった!

こうすれば良かったこと

「コンセントの場所は設計時に考えたつもりですが、特に扇風機のようなシーズン家電を使う時、ここにも必要だったと思ったりします。キッチン内も、調理家電は意外と多いので、炊飯器やレンジ用以外にもあった方がよかったですね」。

これから家を建てる方へ
アドバイス

家づくりを担当してくれる人が自分たちと合うかどうかはすごく大事です。家は大きな買い物なので、信頼できる人でないと頼めません。トヨタホーム名古屋の方はこちらの希望や気持ちを正しく理解してくれて、知識も豊富で安心しておまかせできました。色々なスタッフの方とたくさん話して、「この人だ」と思えるパートナーを見つけてください。

担当スタッフが振り返るKさんのいえづくり

  • 営業担当スタッフ 川瀬 孝治

    営業担当スタッフ 川瀬 孝治

    気さくなお人柄のK様はお友達も多く、絶えずお知り合いが集うお宅でした。そして、ガッツ(愛犬)もまた訪問者を熱烈歓迎で癒してくれます。そんなK様との家造りは、ご要望をどんどんぶつけて頂けましたし、思いを託して頂けた事で、皆さんが気軽に集えるLDK、それぞれの場面で居場所があるお住まいを実現できたと思います。…家具選びもご一緒できたこと、思い出深いです…
    今回お手伝い出来たご縁に、大変感謝しています。

  • インテリアコーディネイター 植田 直美

    インテリアコーディネイター 植田 直美

    K様ご夫妻ともに気さくな方で、新築のお手伝いができてとても楽しかったです。お二人の嗜好は少し違うところもありましたが、キラキラしたものがお好みでした。こちらからの提案をいろいろ取り入れていただけて完成が楽しみな家でした。

商品ラインナップを見る