建築事例トヨタホーム名古屋で建てた
〜うちのいえ〜
UCHI no IE Vol.10

犬山市 I さんの「うちのいえ」

家族構成
Iさんのいえについて

Iさんのいえについて

外観や間取りを自由に選べる「シンセ・はぐみ」。お子さまの成長に合わせ、自由にリフォームできる住まいです。

  • 商品名シンセ・はぐみ
  • 敷地面積348.72m²延床面積128.69m²
    1階床面積64.97m²2階床面積63.72m²

「うちのいえ」の暮らし

  • 「うちのいえ」の暮らしスライダー
  • 「うちのいえ」の暮らしスライダー
  • 「うちのいえ」の暮らしスライダー
  • 「うちのいえ」の暮らしスライダー
  • 「うちのいえ」の暮らしスライダー

落ち着いた色の木素材が印象的なIさん邸。花やグリーンが彩りを添えるモダンなお部屋は、インテリア雑誌を見ているようです。「インテリアや収納など、夫婦それぞれ希望はありましたが、大テーマは『家族みんながいつも一緒にいられる家』」と話すIさん。1階はリビング・ダイニングとキッチン、水まわりまでゆるやかにつながる大空間。お互いの気配が常に感じられ、家族とのきずなはより深まったようです。

子ども達は遊びも宿題もリビングで。
お手伝いも前より積極的にやってくれます。

集合住宅に住んでいた時のように近隣を気にせず、家の中でも走ったり飛びはねたり、のびのび遊ぶようになったI家の子ども達。「長男は最近サッカークラブに入って、時々庭で主人とサッカーの練習をしています。上達するかどうか、後は本人のやる気次第かな(笑)」と奥さまも楽しそうです。
遊ぶだけでなく宿題もリビングでやっているので、家にいる時、家族はほぼ1階で過ごします。「リビング・ダイニングと一体になって広くなったからか、キッチンへの子どもたちの出入りが増えました。お皿運びなどのお手伝いも進んでやってくれます。料理を作る主人を『お父さんスゴーイ!』って見てたり。そういう姿を見せられるようになったのもよかったと思います」。

「うちのいえ」の暮らしの画像

「うちのいえ」づくり

  1. いえづくり01 家を建てるきっかけ

    いえづくり01 家を建てるきっかけ

    長男の小学校入学の前に、家を建てようと思いました。

    上から7才、5才、2才と3人のお子さまがいるIさんファミリー。「子どもに学校を転々とさせたくないと思いがあったので、長男の小学校入学をきっかけに家を建てることにしました」と振り返ります。そこから土地探し、並行してハウスメーカー探しが始まりました。

  2. いえづくり02 ハウスメーカー選び

    できる・できないの前に、「がんばりましょう」と言ってくれたんです。

    いくつかのハウスメーカーを回られたIさんご夫婦ですが、どこも金銭面のことで話が進みませんでした。「要望を伝えると、何をあきらめるかから始まって、どう落ち着かせるかという打ち合わせになってしまう。それがどうもしっくり来なかったんです」。そんな時に会ったのがトヨタホーム名古屋の担当スタッフ。「条件うんぬんの前に、『がんばりましょう。大丈夫だと思います』って言ってくれました。話の始まり方が全然違ったんです。それで、すぐに心が決まりました」。

    いえづくり02 ハウスメーカー選び
  3. いえづくり03 設計・工事

    いえづくり03 設計・工事

    見た目もカッコよく、空間にもムダのない家づくり。

    設計時は、奥さまが本やインターネット等で気に入った間取りやインテリア写真を収集。それにIさんが意見し、2人の考えを間取り図にまとめて、スタッフに伝えていきました。「妻は見た目の印象から入るタイプで、ぼくは空間のムダをなくしたいタイプ。最初は、家族の人数も多いし、本で見てカッコいいと思ったクローゼットのある玄関を検討していました。でも、そこまで玄関収納を広くする必要があるのか?と考え直し、展示場で見た壁吊り型の下駄箱に変更したんです」とIさん。奥さまは「あれは正解だったね!トヨタホーム名古屋さんの提案で、収納の下に玉砂利を敷いて、間接照明も付けてもらって、実際の幅以上に広く感じられます。最小限のスペースで、参考にしていた広い玄関と同じ印象に仕上がりました」と喜んでいました。

    工事中は奥さまとお子さまで週に1回は顔を出されていました。「工事スタッフの方は子どもが入っても危なくないようにカーペットを敷いてくれたり、とても親切でした」。

完成!

完成!

「意外と、イメージは変わりませんでした」。

「家が完成するまでに期待がふくらむ分、イメージと仕上がりに差が生じるかと思っていましたが、そういうのは全くなくて。本当にイメージ通りで、ちょっとびっくりしました」。奥さまも「壁クロスは小さなサンプルで選んでいたのでどうなるかなあと思っていましたが、完成してみるとこれも想像通りで良かったです」と同感のご様子でした。

暮らしてわかった!

こうすれば良かったこと

「キッチンやリビングからは庭で遊んでいる子ども達が見えて安心なのですが、玄関側から家の前の通学路を見られる窓も付けていれば、さらに良かったかもしれません」。室内だけではなく、室外への目線も考えた設計は、お子さまのいるご家庭には参考になりそうです。また、外構は後々考えようと、駐車場は舗装せずにいたIさん。「雨の日は泥だらけになって玄関周りが汚れるのですぐにコンクリートを敷きました。でも、自分で手を加えて少しずつ作っていく楽しみはありました」。

これから家を建てる方へ
アドバイス

家に対する考えや生活スタイル、資金力は人それぞれですが、共通して言えるのは、やっぱり家は高い買い物ということです。「素人考えで恥ずかしいな」と思っても、それぞれの分野の専門スタッフさんに遠慮なく投げかければ、何らかの提案は出してもらえます。要望や疑問は遠慮なく言った方が、自分の想いに近付けられると感じました。

担当スタッフが振り返るIさんのいえづくり

  • 営業担当スタッフ 龍華 正隆

    営業担当スタッフ 龍華 正隆

    打ち合わせはいつも和気あいあいとして、お話に夢中になり脱線してしまうこともしばしばでした。「家族の一体感が感じられる家」がIさまの掲げられたテーマで、打ち合わせでのご夫婦の楽しそうなやりとりや元気いっぱいの3人のお子さま達の様子を拝見しながら、新居での暮らしぶりを想像してプランを練っていきました。リビングを中心に、1階はもちろん2階や庭まで一体感のある家が完成し、この家での生活を楽しんでくださっているようで、とてもうれしく思っています。

  • インテリアコーディネイター 小島 久美子

    インテリアコーディネイター 小島 久美子

    当初よりインテリアイメージが固まっていらっしゃいましたので、スムーズに打合せが進みました。特にリビングのカーテンは、こだわりをお持ちで、いろいろなサンプル生地の中から展示場と同じ仕様のものを選んで頂きました。毎回とても楽しい打合せで、すてきなご家族だなと思っておりました。

商品ラインナップを見る