建築事例トヨタホーム名古屋で建てた
〜うちのいえ〜
UCHI no IE Vol.08

幸田町 T さんの「うちのいえ」

家族構成
Tさんのいえについて

Tさんのいえについて

シンプルなラインが街の風景に美しくなじむ「シンセ・スマートステージ」。ご家族との「つながり」が感じられる、居心地のよい住まいです。

  • 商品名シンセ・スマートステージ
  • 敷地面積234.09m²延床面積184.60m²
    1階床面積91.74m²2階床面積92.86m²

「うちのいえ」の暮らし

  • 「うちのいえ」の暮らしスライダー
  • 「うちのいえ」の暮らしスライダー
  • 「うちのいえ」の暮らしスライダー
  • 「うちのいえ」の暮らしスライダー
  • 「うちのいえ」の暮らしスライダー

Tさんご夫婦が二世帯住宅を建て、ご両親と暮らし始めて約半年。お互いにすっかりなじんだようで、ご家族の間にはほんわり温かな空気が流れています。「家族みんなが伸び伸びと気がねなく、4人で楽しく暮らせる家にしたかったんです」と話すTさん。玄関だけを共有して程よい距離をとり、二家族での生活を満喫できるこの家は、その理想が確かにかなえられていました。

一緒の時間も、それぞれの時間も充実。
家族4人、気楽に暮らしています。

玄関以外は全て二世帯で分けたTさん邸、団らんの場はどちらかのダイニングです。「ぼくたちも両親も日中は仕事で顔を合わせられないので、夕食は家族でとるようにしています」。その日にあった出来事などを語らいながらテーブルを囲んだ後は、それぞれの階に別れ、Tさんご夫婦はシアタールーム仕様のリビングでDVDを楽しんだりして過ごします。
「仲が良いからこそ、水まわりまで別にしたんだよ」と力説するTさんに、「そんな事まで考えてくれてたのか」と嬉しそうなお父さま。お母さまと奥さまは「そんなに心配しなくても、みんな仲良くやってるから大丈夫よ」と笑い、和気あいあいの雰囲気。来月には赤ちゃんが生まれるTさんファミリー、これからもっともっとにぎやかになりそうです。

「うちのいえ」の暮らしの画像

「うちのいえ」づくり

  1. いえづくり01 家を建てるきっかけ

    いえづくり01 家を建てるきっかけ

    友人の家を見て、「マイホーム購入」が急に現実的に。

    一人っ子なので、いつかは両親と同居するつもりだったというTさん。「家賃を払い続けるのがもったいなく感じ始めた頃、友人が建てた家に遊びに行ったんです。その時、『自分の家を建てるっていいなあ』と思って。マイホーム購入が遠い話ではなく、身近で現実的なものになりました」。

  2. いえづくり02 ハウスメーカー選び

    富岡さんだったから、トヨタホーム名古屋を選んだんです。

    トヨタホームの建築現場を見たことがあったというお父さま。「基礎工事がとてもしっかりしている印象でした。建物の強度も高いと聞いたこともあって、家を建てるなら、みんなが安心して住めるトヨタホームがいいなと思っていました」。一方、Tさんは当初は他メーカーにも興味を持っていたそうですが…。「家族でトヨタホーム名古屋の展示場に行ったんです。その時応対してくれた富岡さんが、しっかり話を聞いてくれて、誠実な印象でした。両親も同感だったようで、とにかく私たちの目の前で真剣に図面を書く様子がすごく良かったそうです。うちは、富岡さんだったから、トヨタホーム名古屋を選んだんです」。

    いえづくり02 ハウスメーカー選び
  3. いえづくり03 設計・工事

    いえづくり03 設計・工事

    家族みんなの希望が、あちこちに入っています。

    設計では、Tさんの家族への思いをこめた「玄関以外は全て別の二世帯住宅」をベースに、各自の希望を反映していきました。お父さまの希望は、玄関のペット専用スペース。「これだけは譲れませんでした。床と壁を保護する板金のカバーはぼくの手作り!」という力作です。女性陣は居心地のよい空間づくりにこだわり、アクセントカラーにお母さまはグリーン、奥さまはレッドを選びました。さらに、収納重視のお母さまへ、廊下収納や伸縮式のハンガーパイプが提案されました。

    工事期間中、一番多く現場に足を運んだのはお父さま。「毎週末、自転車で1時間かけて出かけました。工事スタッフの方とは趣味の自転車の話をしたり、施主とスタッフというよりは友達感覚で接していましたね」。みんなの希望がつまった家の工事は、着々と進んでいきました。

完成!

完成!

「大きいなあ~」と「ああ、できたな」。

Tさんご夫婦とお母さまは、完成した家を見て、「大きい!」と共通の印象を持ったそう。図面で見てはいても、実際の建物を見るとスケール感がかなり違ったようです。毎週現場に出かけていたお父さまは、「家ができていくのをずっと見ていたからね。感慨というより『ああ、できたな』って感じだな(笑)」とのことでした。

暮らしてわかった!

こうすれば良かったこと

「2階リビングは、吹抜があるから普通の部屋に比べるとやっぱり少し寒いですね。 ロフトや、天井が高くて広々した空間はすごく気に入ってるから仕方ないんですが」。Tさんご夫婦は暖房器具の併用でカバーしているそうです。お母さまは「バルコニーは2ヶ所にあるけど、家をぐるっと囲うような形で大きくしてもよかったかな。洗濯物を干したりするのに広い方がいいから」と話されていました。

これから家を建てる方へ
アドバイス

二世帯住宅なら、水まわりを二つに分けることをおすすめします。お風呂や洗面室で時間が重なっても、待つのは全然構わないんですが、毎日のことなので、使いたい時に使えるのがやっぱりお互い快適です。そして、オール電化と太陽光発電。「ガスの方がパワフルかな」と思う時もありますが、コスト面など総合的に考えて、オール電化にしてよかったと思います。秋冬でも、4人分の光熱費が太陽光発電でまかなえた月もありますよ。

担当スタッフが振り返るTさんのいえづくり

  • 営業担当スタッフ 富岡 祥太

    営業担当スタッフ 富岡 祥太

    Tさまご家族には、愛犬さくらちゃんにいたるまで、初めてお会いした時から親しく接していただき感謝してい ます。当初は3階建てもご検討されていましたが、今後周囲に家が建っても日当りが確保しやすい間取りを心がけ、2階建てを提案いたしました。そのプランをとても気に入ってくださり、完成宅はほぼそのままの形です。設計では、好奇心旺盛で遊び心のあるTさまに、ロフト空間や外観デザインなど色々提案させていただき、私自身も非常にワクワクしました。新しいご家族も増え、これからもたくさんの笑顔が続くよう願っています。

商品ラインナップを見る