建築事例トヨタホーム名古屋で建てた
〜うちのいえ〜
UCHI no IE Vol.05

長久手町 M さんの「うちのいえ」

家族構成
Mさんのいえについて

Mさんのいえについて

シンプルなフォルム、シンプルな暮らしを提案する、シンセ・カーダ モード。フラット屋根に太陽光パネルをスペース効率良く設置した「エコデザイン」の家です。

  • 商品名シンセ・カーダモード
  • 敷地面積188.74m²延床面積121.64m²
    1階床面積69.43m²2階床面積52.21m²

「うちのいえ」の暮らし

  • 「うちのいえ」の暮らしスライダー
  • 「うちのいえ」の暮らしスライダー
  • 「うちのいえ」の暮らしスライダー
  • 「うちのいえ」の暮らしスライダー
  • 「うちのいえ」の暮らしスライダー

リビングを走り回り、階段を駆け上がってはまた下りて。M家の子どもたちはいつも家のあちこちで楽しそうに遊んでいます。声を上げて笑い合う2人に目をやり、「前の家でも部屋中走り回っていましたが、新しい家になって階段の上り下りも加わりました」とほほえむご主人と奥さま。ご家族4人の笑顔が、リビング階段の吹抜窓からさす陽に柔らかく輝いていました。

「お隣タイプ二世帯住宅」の暮らし。
太陽光発電の効果も上々です。

「主人の実家のすぐ隣に建てたので、子どもたちがすごく喜んで。子どもたちだけ実家でごはんを食べてくる日もありますよ」。奥さまも、ご主人のお母さまとおかずをやりとりするなど毎日のように行き来があり、「お隣タイプ二世帯住宅」の暮らしを楽しまれているようです。
また、Mさん宅は「調理はガスがいいけど太陽光発電も採り入れたい」というご希望から、太陽光発電とガス発電システムを併用。「4人家族で主人は夜勤もあるので電力やガスの使用量は多いし、使う時間帯もまちまち。でも、入居した春から夏の電気代はずっとプラスでした」とうれしい結果になりました。Mさんファミリーの暮らしに太陽光×ガスはぴったりフィットしたようです。

「うちのいえ」の暮らしの画像

「うちのいえ」づくり

  1. いえづくり01 家を建てるきっかけ

    いえづくり01 家を建てるきっかけ

    母との時間を、大切に過ごすための場所。

    「いつかはマイホームを持つけど、それはずっと先」と考えていたMさんご夫婦。奥さまは「一人で暮らしていた私の母が体調を崩したんです。それまで賃貸に住んでいたんですが、自分たちの家を建てて、少しでも多くの時間を一緒に過ごすことに決めました」と振り返ります。

    新しい家を見て「広くてきれい」と喜ばれた奥さまのお母さま。この家でともに暮らしたお母さまとの最後の数ヶ月は、Mさんファミリーの大切な思い出になりました。

  2. いえづくり02 ハウスメーカー選び

    親身で力強い対応に、すぐ決心できました。

    「トヨタホームに決めたのは愛社精神です。それに馬力もありそうで(笑)」と冗談まじりに話してくださったご主人。トヨタ関連会社勤務のためトヨタホームへの信頼感があり、ご夫婦とも他メーカーは一切考えなかったとのこと。

    初めて展示場に出かけた日、ご夫婦はトヨタホーム名古屋のスタッフに、奥さまのお母さまの体調や、それに伴い少しでも早く完成させたいことなど、全てを相談されました。「その時の親身な対応に、タイトなスケジュールでも安心してまかせられそうだと感じて、『この人と家づくりをしていこう』という決心をしたんです」。

    いえづくり02 ハウスメーカー選び
  3. いえづくり03 設計・工事

    いえづくり03 設計・工事

    見学会で、オーナーさんから直接アドバイス。

    間取りを検討している時期に、Mさんご夫婦は「オーナー宅見学会」に参加されました。

    トヨタホーム名古屋で建てた家で暮らすオーナー様のお宅を見学し、家造りのアドバイスを聞くことができる「オーナー宅見学会」。訪れた見学宅が、ご夫婦の好みにピッタリはまりました。「理想のおうちで暮らすオーナーさんから直接お話を聞けて、とても参考になりました。オーナーさんの生の声はとても納得感があり、いただいたアイデアを随所に採りこみました」。

    また、小さなお子さまがいるご家庭にとって、安全面は大事なポイント。Mさん宅では以前、お子さんが炊飯器で火傷してしまったことがあり、キッチン設計時にトヨタホーム名古屋スタッフにその不安を伝えました。「炊飯器棚にスライド扉を付けてはどうかと提案してくれました。子どもが触れる心配も少なく、周りの収納とのデザインにも統一感ができて気に入っています」。

    据付工事では、営業スタッフの稲垣さんとMさんファミリー、ご両親が立ち会われました。「稲垣さんがユニット設置を一緒に見ながら実況中継風に解説してくれました(笑)。わかりやすかったし、愉しかった」。

完成!

完成!

お世話になったあの人をご招待。

完成した家に入った時のお2人共通の感想は「思ったより広い」。しみじみとする間もなく、奥さまはその日の夜には「次は引越!」と目の前に控えたたくさんのことに気持ちが向ったそうです。
3ヶ月後、Mさんご夫婦はご自宅での入居宅見学会に、以前見学した入居宅オーナーさんをご招待しました。完成した家を見て一緒に喜んでくださり、Mさんは他の見学者の方にアドバイスをする側に。ここでまた、「心地よい住まい」の輪が広がりました。

暮らしてわかった!

こうすれば良かったこと

「主寝室に付けた9つの小窓。意外と朝日がまぶしいんです」。それで目が覚めることもあるそうで、窓辺には日よけを兼ねてフォトスタンドが飾られています。また、フラット屋根について「屋根裏がないので、夏は2階が暑いですね。エアコンを使うので暑いのは最初だけなんですが。太陽光パネル設置などの理由で選んだので仕方ないかな」と話されていました。

これから家を建てる方へ
アドバイス

「実際に生活している家を見られるオーナー宅見学会は絶対おすすめ!トヨタホーム名古屋で建てた人から、住み心地や使い勝手の話が直接聞けるのは大きいですよ」。
「トヨタホーム名古屋が定期的に開くインテリアフェアなどのイベントも、実物のカーテンや家具を見られるので、完成がイメージしやすく選ぶ参考になりました」。

担当スタッフが振り返るMさんのいえづくり

  • 営業担当スタッフ 稲垣 貴史

    営業担当スタッフ 稲垣 貴史

    お打合せは勿論のこと、ご家族の皆様とのお付き合いも印象に残っています。ご夫婦にかわいがっていただいた事や、家造りの月日の中でのお子様のご成長を共有できた事など、私にとっても素敵な思い出がたくさん出来ました。これからも家族の笑顔がいっぱい詰まった『わが家』にしていってください。
    日頃から、お客様の気持ちになって家造りを考えるよう心掛けています。お客様に何でも相談して頂くためには、営業スタッフとして、そして1人の人間として、信頼していただく事が何より大切と考えています。

  • 設計スタッフ 田島 大輔

    設計スタッフ 田島 大輔

    とても温厚なM様は、打合せの中ではいつもご家族に配慮されていました。1階のお母様のお部屋には床暖を設け、少しでも過ごしやすい様にと気を使われていました。スケルトン階段を通して光が降り注ぐ明るいリビングは、暖かいご家庭の象徴です。いつも笑顔で打合せされていたご夫婦の顔は、とても印象に残っています。

商品ラインナップを見る